読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらぶらした青年たち

「ぶらぶらした青年たち」バンドの指揮者のぶらぶら日記

釣りぶらぶら 5/17

釣り

前回の手軽な近場での釣りに味をしめてしまい、先週に続き、日曜の夕方から再度行って参りました。同行のN氏はまたまた前日に天草まで走って坊主。気分転換に何とか釣ってもらいたいものです。仕掛けを購入し現場へ行くと、なんと堤防への入り口が封鎖されている!・・・しかしどうしても釣りたいので車を止め、歩いて釣り場まで向かいました。釣り客は5人。しかも釣れていない模様。やはりサヨリの季節は終わったのか・・・? 半ばあきらめつつも仕掛けを投入すると、2投目にかなりの手ごたえ。これは変なのが掛かったな~と思いながら一気に引き寄せるとボラではなかったので一安心。どうにか足元の岩場まで寄せるも堤防が10メートルほどあるのでここからがドラグが緩いのか中々上がらない。最後はN氏に手繰り寄せてもらい何とか仕留めることができました。となりのおじさんがやってきて「ボラかと思ったらフッコたい!よかったな~」と言って去っていきました。フッコって何だろう?とすぐに調べると2.3才以上の40~60センチまでのズズキをそう呼ぶのだそうで、それ以上の4.5年ものがスズキなのだそうです。ちなみに1.2年の20~40センチがセイゴらしい。

f:id:buraburayu2:20150519142238j:plain

53センチのまさしくフッコでした。勉強になりました。

その後はなかなか釣れる気配もなくわたしはサヨリさんを諦め、スズキさんの方が興味深くなり、ルアーを投げましたが当たりなし。

f:id:buraburayu2:20150519144313j:plain

N氏にもスズキがヒットしましたが仕掛けを切られてしまいました。しかし粘って何とか4匹のサヨリを釣ってくれました。

f:id:buraburayu2:20150519144440j:plain

着いて2時間後、やがて日も暮れ  夕暮れの普賢岳

これくらい手軽な釣りだったらそれほど疲れませんし、帰って魚を捌く時間もそれほど要りません。

f:id:buraburayu2:20150519145140j:plain

 サヨリの刺身 上品な甘みと程よい歯触り

f:id:buraburayu2:20150519145233j:plain

サヨリとフッコの腹身の塩焼き 淡白だけど深いうま味

f:id:buraburayu2:20150519145330j:plain

 フッコのムニエルをクリームソースで。この美味しさはたまりません!

 久々にN氏にも一緒に食していただきました。

 今度の週末は、イカにふられっぱなしのN氏、上半期最後の釣行です。

 こっそり大分の釣りマップを買っていたN氏。いったい何処へ行くのやら・・・・