読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらぶらした青年たち

「ぶらぶらした青年たち」バンドの指揮者のぶらぶら日記

休日ぶらぶら & 釣りぶらぶら 2/20

休日 釣り

土曜の早朝から息子の部活の試合で県南へ応援に行きました。こっそり釣り道具を一式忍ばせて・・・

夕方、試合が終わるとそのまま天草方面へ向かいました

とりあえず一号橋を渡ってすぐの釣り場へ。

地元釣り情報誌に載っていた地磯へと息子と歩きましたが、釣り場に着くと結構お子様釣れのファミリーで賑わっていました。

f:id:buraburayu2:20160222121207j:plain

ここで釣りをするのは学生時以来で、サークルの先輩と夜釣りに来てガスコンロを持ち込み暖をとって夜明かしした思い出があります。

f:id:buraburayu2:20160222121733j:plain

水面は穏やかですが、島との海峡になっていて潮の流れが速く釣りにくいです

一時間ほど、キャストを繰り返しましたが全くアタリはなし

退屈した息子がおなかが空いたと言い出し、早々と納竿。

どうやらこの店に入りたかったようで・・・

f:id:buraburayu2:20160222121923j:plain

一号橋を渡って海沿いをしばらく走ると、遠くからでもひときわ目に飛び込んでくるこの看板。この店に入るのも25年ぶり・・・あのちゃんぽんはそのままだろうか? 玄関の梅の香りに誘われて6時前に入店。

f:id:buraburayu2:20160222122900j:plain

野菜てんこ盛りで豪快な見た目はそのまんまでした。殻つきのエビも懐かしい。昔はアサリが入ってなかっただろうか?記憶が定かではありません。

どうやらこれが最後の一杯だったらしく、その後、お客さんが来るたび断わりをいれておられました。繁盛してますね。

おなかが満たされ、釣り足りないですが無理は禁物と帰途に着きました。

 

翌日、N氏と釣り具店に行くことになっていましたが、思い付きで、ついでに大分まで行ってみようかということになり、また釣り道具を積んで出発しました。しばらく釣り具店で買い物をしましたが、外は予想以上に寒く風も強いので結局あきらめて友人の店に昼食に行きました。

f:id:buraburayu2:20160222130554j:plain

龍田の「ぐり~んすぽっと」

気さくなマスターと料理上手なお母さんが迎えてくれます。

外観はレストラン。店内はレトロでいい雰囲気のカフェバー?いや小上がりの座卓席もあり洋風居酒屋でしょうか? いつもお得なランチやボリューム満点の定食で賑わっていますが、単品メニューも豊富で昼から一杯やってる方もおられます。

N氏はとんかつ定食。わたしは

f:id:buraburayu2:20160222131330j:plain

また、ちゃんぽん

見た目が上品で具材もたくさん。これまたおいしく戴きました。

どうでもいいのですが、写真を見ていたら昨日のちゃんぽんとの共通点を見つけました。それは器に記された文字。喜が二つ並んだ文字で双喜紋というそうです。中国で本来は結婚式の時のみに使われたおめでたい図案だそうです。中華の器には大体この字か龍や鳳凰の絵がかいてありますね。

 この日記を付けていて4日前が結婚記念日だったことを思い出した次第です・・・・

 

家に帰って、釣具の整理をやったり、カタログを眺めて過ごしました。

f:id:buraburayu2:20160222135158j:plain

これはジグヘッドホルダーで裏が小道具入れになっています。毎日コソコソといじりながら妄想を膨らませ、童の心に帰っております・・・・こうして見ていると釣具って色や形がちょっとエロくないですか?・・・・※個人的な感想です・・・・失礼しました。