読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらぶらした青年たち

「ぶらぶらした青年たち」バンドの指揮者のぶらぶら日記

釣りぶらぶら 2016・22回目 12/9~10

約3週間ぶりの釣行です。

週末の夜から出発ですが、同行のN氏はかなりの気合の入りようで、今の職場に6年勤務して初めて5時台に帰宅したとか・・・

しかし、この日の潮は天草下島到着予定時あたりがちょうどド干潮。普段は急いで目的地を目指しますが、今回は食事をしたり、釣具店をゆっくり眺めたりと道草を食いながらと余裕がありました。

前回に続き、投光器を使用したアジのルアー釣りがメインです。しかし釣り場に着くと釣り人は皆無で外灯の近くでやれるのですが、敢えてここは長い長い堤防の先端を目指し真っ暗な灯台の下を照らします。

しばらく経っても潮が良くないせいか魚っ気が全くなく、人がいないのはそういうことかと納得しました。

結局、2時間で一度だけアジが掛かりましたが取込みでお約束の痛恨のバラシ・・・・風の冷たさが余計に身に沁みます

午前1時、もう車で朝まで仮眠しようかということになりましたが、戻ってくるとやはり外灯の近くが空いていて気になるのでちょっとだけやってみることにしました。

キャストしてみるとアタリは感じますが乗らない・・・・どうせネンブツダイかな?と 

しばらく経ってやっとヒット!ドラグがいい音で鳴ります。久々にいい引きを味わいつつ、待望のアジが水面から上がってきました! が、ここは詰めの甘いわたしの得意技でポロリ⤵・・・・この悔しさを今日も何度味わうことになるのか?  連続3匹ポロリののちやっと本命のアジ20センチを手中に収めました。

f:id:buraburayu2:20161211150950j:plain

 苦労したからこその充実感があります

イカを狙っていたN氏もアジに変更。いきなり25センチ越えを掛けましたがこの人もポロリ⤵・・・・・ すぐさまアベレージサイズを釣りましたが今回は新たな難敵が待ち構えていることに我々はこの時まで気付いていませんでした。

暗闇の中から何者かが見つめている・・・・

 

f:id:buraburayu2:20161211151439j:plain

かわいらしいペンギンのような鳥。

防波堤の上からアジが暴れて落下するのを知っているのか?

N氏が落としたアジを一瞬のうちに丸のみしてしまいました・・・・最初は笑って見てましたが、何匹食べてもじっと待っている。

わたしが今日一番のアジを落としてしまった時には咄嗟に飛び降りて威嚇しましたが獲物を取られてしまいました。

 

深夜2時ごろから時合が来たようで入れ食いになりました。N氏は一投ごとに良型のアジを釣り上げていきます。わたしは2回に一度はバラしていました。 数十分の時合が過ぎると食いが渋くなり外道が掛かり出します。

f:id:buraburayu2:20161212125503j:plain

N氏とうとう尺アジかと思いきやムツでした・・・これはさすがにあの鳥も食べませんでした

f:id:buraburayu2:20161212125256j:plain

5時まで頑張って19~22センチのアジが合計40匹。アジのルアー釣りを始めてやっと納得のいく釣果となりました。

それから朝まで仮眠して本渡のMさんたち3人と合流。夜明け前から3時間ほど釣っていたようですがエソのみだそうで。その後Mさんと長男Y君は用事で帰宅。

f:id:buraburayu2:20161212130701j:plain

そこで、最近青物釣りが絶好調の丸さんのエスコートで牛深の釣り場を案内してもらうことになりました。

f:id:buraburayu2:20161212130841j:plain

本渡から一時間、雄大な海原が広がる地磯で小手試し

キャストするだけでも気持ちがいいですね~

f:id:buraburayu2:20161212130918j:plain

開始早々、丸さんの竿がしなる!

しばらく魚との熱いファイトが繰り広げられます。見ているわたしもドキドキしました。

f:id:buraburayu2:20161212131000j:plain

そして見事にランディング!

f:id:buraburayu2:20161212131223j:plain

さすが丸さん!得意の青物、ブリの幼魚ヤズ。50センチ2キロ程ありました。

これを見て火が着いたのがN氏。以前は舟釣りで青物のブリやカンパチ、マグロまでも釣っていた男が目を覚ましました! 

気合を入れて沖の潮目を目掛けてジグを投げますが・・・・・勝手が違うようですぐに根掛かり。 少しでも油断すると岩礁に引っかかってしまいます。慎重に釣っていますが、ジグはどんどん無くなって4つもロスト。これにはがっかりだったようです。わたしもジグ3つと投げサビキの仕掛けなど多数をロスト、美しい海を汚してしまい本当にすみません。

f:id:buraburayu2:20161212133056j:plain

気を取りなおし場所移動。牛深ハイヤ大橋

買い物で街に立ち寄ります。ゆったり、のんびりした感じがいい街です。

f:id:buraburayu2:20161212133153j:plain

牛深の海はどこもいい景色 遠くに鹿児島が見えます。

f:id:buraburayu2:20161212133437j:plain

道端に車を止めて、ちょっと竿だししました。

ガッンといい引きを味わいましたがベラです。釣れると岩場に隠れるのでやり取りがおもしろいです。

f:id:buraburayu2:20161212133528j:plain

N氏、ちいさいアオリイカを釣りました

 

f:id:buraburayu2:20161212133813j:plain

 そしてまたまた移動。ハイヤ大橋下の大きな港です。

f:id:buraburayu2:20161212133904j:plain

牛深はゆっくりと時間が流れている気分になります

 

f:id:buraburayu2:20161212134100j:plain

ここではじめに釣れたのはこの不気味な物体

どなたかご存知でしょうか?

f:id:buraburayu2:20161212134011j:plain

この日、最後に掛かったのはガラカブでした

丸一日、きれいな海で釣りを満喫し爽快な気分のまま帰途につきました

 

おみやげに戴いたヤズは刺身でいただきました(写真撮るのを忘れました)

脂がのっていて最高でした。

f:id:buraburayu2:20161212135438j:plain

 カマは塩焼きに

f:id:buraburayu2:20161212135620j:plain

アラはヤズ大根?で

f:id:buraburayu2:20161212135649j:plain

今回の釣り魚、ヤズ・アオリイカ・アジなどのにぎり

アジもにぎりにはちょうどいいサイズでこれも脂がのっています。これからが良型アジのシーズン、ますます期待できそうです。