読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらぶらした青年たち

「ぶらぶらした青年たち」バンドの指揮者のぶらぶら日記

釣りぶらぶら 2017 2回目 1/14~15

釣り

 

 日本中が大寒波に見舞われた週末、懲りずにまた釣りに行って来ました。

 

f:id:buraburayu2:20170116140536j:plain

この寒々しい北欧のような風景 牛深の海岸です

 

f:id:buraburayu2:20170116141020j:plain

うねりを伴った高波が岩場にたたきつけられしぶきを浴びます

 

f:id:buraburayu2:20170116141141j:plain

今回は明るいうちに下見を兼ねて、N氏と共にあちこちを巡ってみますがどこも暴風と高波で釣りにはならないようです

 

f:id:buraburayu2:20170116141503j:plain

仕方なく前回と同じ場所でやってみました。 湾内は波は穏やかですが強風は避けられません

f:id:buraburayu2:20170116141838j:plain

いきなり一投目にアタリがきましたがガラカブでした

その後は長い沈黙が続き全くアタリがありません

 

f:id:buraburayu2:20170116141936j:plain

場所を移動しましたが、寒さのせいなのかここでも何も釣れません

やがて寒さに心身の限界が近づきコンビニへ駆け込みカップめんで体を温めます。

f:id:buraburayu2:20170116142549j:plain

しばしの休息ののち、気を取り直しもう一度やってみるとN氏に大きなガラカブが!

f:id:buraburayu2:20170116142706j:plain

23センチのアジなどもヒット!

しかし、これもつかの間、

その後は何も釣れなくなり、結局二人でアジが2匹とガラカブ4匹だけ・・・

零時まで頑張りましたが再び心身の限界、車で温まることにしました。

 

3時半から朝まづめを狙い再チャレンジ

気温は1℃、暴風は収まることなく雪まで降り出し中年おやじ達をいたぶります。

きっと修行が足りないんでしょう

 

f:id:buraburayu2:20170116143006j:plain

しばらくすると、突然遠くから大きく煌びやかな豪華客船が現れました・・・・ボ~ッと夢を見ているような気分です。 とうとうお迎えが来たのか?

あの船の中は暖かいんだろうな~ 風呂もごちそうも何でもあるはず・・・・ アンデルセン作のマッチ売りの少女が見た幻はこんな感じだったのかな?   これは生命の危機かもしれませんね・・・・

一応、家を出る前に何かあったら、葬儀は家族だけで行うようにと告げておきました。何事も起きずによかったのですが・・・

朝5時半まで粘りましたが竿にも何も起きませんでした

f:id:buraburayu2:20170116145016j:plain

帰途につきながら、もう一度頑張ってみました。 ここでもダメ

 

f:id:buraburayu2:20170116151424j:plain

最後のあがきでお土産のキスを狙いましたが甘かった・・・暴風による寒さの中、10分と居れませんでした。これにて終了。

f:id:buraburayu2:20170116151730j:plain

普賢岳にも雪が積もっていました

f:id:buraburayu2:20170116152258j:plain

今日は晴れの一日となりそうですが寒さは続きます。

無事に帰宅することができて何よりです。

 

大漁にて、お土産をおすそわけする予定でしたが、これっぽっちです。

見よう見まねで姿造りをこしらえてみました。

f:id:buraburayu2:20170116152454j:plain

Y店長に召し上がっていただきました。

今度はご家族皆さんの分まで行き渡るようがんばります!

 

その日の夜、本渡のMさんから届いたメールの写真です。

f:id:buraburayu2:20170116154614j:plain

ビッグなアオリイカ 2キロオーバーを同じ日に牛深で釣り上げたとのこと!

冬場はイカ釣りをしないと宣言したN氏に報告すると、今回、全くイカを狙わなかったことを悔やんでおりました。これでまたイカ釣り魂に火が着いたことでしょう!

 

追記

 

数日後の地元紙一面のトップ記事にあの幻のような船のことが載っていました

 

f:id:buraburayu2:20170120132256j:plain

 

やはりそんじょそこらの船ではなかったようです