読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらぶらした青年たち

「ぶらぶらした青年たち」バンドの指揮者のぶらぶら日記

釣りぶらぶら 2017 10回目 5/4~5 ・11回目 5/12~13

今年の大型連休も瞬く間に過ぎてしまいました。

今回もネタ不足のため日記をまとめて記したいと思います。

まずは連休中の釣行

大渋滞にはまり6時間を費やして牛深に着いたのは午後7時前。

f:id:buraburayu2:20170518132057j:plain

もう日が沈もうとしています

急いで準備をして地磯を目指し、イカ釣り開始

しかし、何もないまま2時間が経過 

f:id:buraburayu2:20170518132451j:plain

真っ暗な岩穴を通り場所移動します 

つぎはアジを狙いますが

f:id:buraburayu2:20170518132851j:plain

釣れるのはネンブツダイばかり

f:id:buraburayu2:20170518132950j:plain

時々、ガラカブが掛かります

 

f:id:buraburayu2:20170518133245j:plain

今日もダメか?と 諦めかけた頃

 

f:id:buraburayu2:20170518133040j:plain

やっとアジ!22センチ

これで安心し、仮眠をとっているとそれまで休んでいたN氏が車を走らせだしました

いろんなところを巡って下見をしているようですがわたしは寝ます

 

f:id:buraburayu2:20170518133503j:plain

夜が明けて6時 西海岸にいました

大海原が広がり気持ち良い風景が臨めます

二人ともイカ狙いでやってみました

f:id:buraburayu2:20170518133932j:plain

N氏 ここでアオリイカを2ハイ釣りました

f:id:buraburayu2:20170518134031j:plain

良い天気になりましたが体力が続かず朝8時納竿

f:id:buraburayu2:20170518134122j:plain

 今日は子供の日。西海岸のいい景色を眺めながら帰途につきました

 

f:id:buraburayu2:20170518134306j:plain

今回のお持ち帰りはこれだけでした・・・・

f:id:buraburayu2:20170518134423j:plain

刺身3点盛りでいただきました

 

 

そして翌週末は大荒れの天気。大雨洪水強風注意報と竜巻注意報が出される中、天草方面を諦め長崎の島を目指します

f:id:buraburayu2:20170518134807j:plain

道に迷いながらも、夜明け頃に目的地へ こちらはあまり雨が降らなかったようで一安心。

前回、セイゴを釣った港でやってみます。

 

開始早々、N氏のイカ釣り竿にアタリが!

新調した竿も調子がいいようで・・・

 

なかなか浮いてこないのでコウイカかも?と言っております

f:id:buraburayu2:20170518134945j:plain

浮き上がらせて慎重に取込み

f:id:buraburayu2:20170518135315j:plain

まずまずのサイズのアオリイカでした

f:id:buraburayu2:20170518135357j:plain

1.1キロありました これでN氏はもう帰ってもいいぞと余裕です

f:id:buraburayu2:20170518135540j:plainわたしもイカ釣りに変更して1時間粘りましたが何も起きず・・・移動です

 

f:id:buraburayu2:20170518135636j:plain

前回見つけた、初心者のわたし向きのひと気のない静かな港

天気が回復し暑くなりそうです

 

ここでも何の反応もないまま苦戦していましたが、1時間ほど経ってやっとわたしにもアタリが!

竿を立てリールを巻いてもドラグが鳴って糸がどんどん出ていきます。わたしはドラグが緩すぎたのかもと思い少しきつく締めてリールを巻くと・・・・スポ~ンと抜けてしまいました

餌木を回収してみると

f:id:buraburayu2:20170518140328j:plain

吸盤がくっついていました

N氏にこのやりとりを話すと、ドラグは緩々のままでよかったそうで、締めてしまったことでイカが身切れしてしまったようです。

せっかくのチャンスを・・・これは痛恨のミスです

f:id:buraburayu2:20170518140631j:plain

暑さに苦しみながら午後2時頃までやりましたが

屈辱の丸ボウズ

 

帰り路で好物の小城ようかんを買い込んでお土産は確保しました。

 

f:id:buraburayu2:20170518140747j:plain

夕方、幾度かY店長に連れて行ってもらった南関町のちゃんぽん屋さんで早めの晩ごはんをいただきました。具材の豊富さとボリューム、もちろん味も満点。ボウズで傷心のわたしはこのちゃんぽんに癒されました。

釣りに行くと無性にちゃんぽんが食べたくなるのは何故でしょう?

 

まだまだイカ釣りの知識が足りないことを痛感し、図書館で借りた本と釣り番組をくり返し見ては勉強中です