読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらぶらした青年たち

「ぶらぶらした青年たち」バンドの指揮者のぶらぶら日記

古墳ぶらぶら 「オブサン古墳」編

古墳

 

f:id:buraburayu2:20141023175110j:plain

昨日、「古墳にコーフン協会」の会員に認定をいただきましたので

早速、会長の「まりこふん」さんの一番のお気に入り「オブサン古墳」に

ごあいさつに行って参りました。

実は私、恥ずかしいことに、近くのチブサンには何度も行ったことがあるのに、地元に居ながら、オブサンは一度も実物を拝見したことがなかったのです。

 この日は、雲一つない素晴らしいお天気に恵まれました。

 まずは石室の入り口でご挨拶をと、歩を進めると大きなヘビの抜け殻が

出迎えてくれました(-_-;)

ありがたくお持ち帰りしまして、お祀りさせていただきます。

f:id:buraburayu2:20141023180052j:plain

 なんと120センチありました。きっと現在のオブサン古墳の主でしょう。

f:id:buraburayu2:20141023181023j:plain

 それからじっくりオブサンを鑑賞させていただきました。

 まりこふんさんの「オブサンベイベー」の歌詞の通り、とってもかわいい フォルムですが、コンパクトながら堂々とした風格と特徴的な造形美を兼ね備えた素晴らしい古墳だと思います。

周囲の環境も人工的なものはほとんど見当たらず、オブサンの美しさを引き立てているようです。

f:id:buraburayu2:20141023183605j:plain

少し斜めから見た姿が美しいと思いました。

f:id:buraburayu2:20141023184003j:plain

 顔があるみたいでかわいいです。

 そして石室入り口へ

f:id:buraburayu2:20141023184933j:plain

f:id:buraburayu2:20141023184227j:plain

石室の中 奥が見えるように電気が付くスイッチがありました。

 

f:id:buraburayu2:20141023184440j:plain

初っ端にこれほどのスーパーアイドル的古墳を巡って良いのでしょうか? 

 

続いてすぐそばのチブサン古墳です。 

f:id:buraburayu2:20141023201104j:plain

f:id:buraburayu2:20141023201216j:plain

  こちらは過去に石室の中を見学をさせていただきました。

  壁画がとても不思議で興味深い古墳です。

 

  今日のぶらぶらは以上です。

  自分にもこれから先、お気に入りの古墳がみつかるでしょうか?

  もうかなりの満足感でいっぱいなんですが・・・・